Make your own free website on Tripod.com

 NEC AileNXに「FreeBSD2.2.6」をインストールしました。

機種紹介

種別 ノートパソコン
メーカー NEC
型番 AileNX AL-20C
CPU MMX200
メモリ 96MB
ハードディスク 2G
モニタ 800×600
ビデオカード NeoMagic
モデム 内蔵モデム、56kbps
CD-ROM ドッキングステーション内蔵、CD-ROMからのブート可




PC-UNIX

 FreeBSD2.2.6(書籍付録)




ハードディスクの分割

 使っていないパソコンがある人や、余っているハードディスクがある人は、ハードディスクに丸々PC UNIXをインストールすればいいだけです。UNIXは軽いので古いパソコンでも十分動きますし、容量は300MBもあれば十分です(でもGUIで動かすのはつらいっす)。しかし、パソコンが1台しかない人はハードディスクを分割して、現在使用中のOS(Windows98とか)と共存させなければなりません。この分割がめんどくさいです。


 一番楽で安全なのは「パーティションマジック」などの市販ソフトを使って分割することでしょう。お金を節約したい人はMS-DOSのFDISKコマンドを使って分割する方法もあるみたいですが、ぼくはやったことがないのでよくわかりません。この方法で分割したい人はマニュアルでやり方をよく調べてください(基本MS-DOS領域とか拡張MS-DOS領域、論理MS-DOSドライブとかでてきてややこしい)。ハードディスクをフォーマットする必要があるので、ハードディスクの中身は全て消えます。かならずバックアップをとってから行うようにしてください。


 ぼくはFIPSというフリーソフトを使って分割しました。このソフトを使えば手軽に分割、復元できます。ただしこの方法は危険らしいのでおすすめできません。ぼくのように趣味でパソコンを使っていて、ハードディスクの中身が消えてもパソコンが壊れてもいいと覚悟できている人だけ試してみてください。FIPSでは分割できないハードディスクもあるみたいです(FAT32はだめみたい。よーわからん)。


 ハードディスクの分割によってハードディスクの中身が消える可能性(FDISKで分割すると確実に消えます)があるので、くれぐれも慎重に行ってください。




インストール

 インストールするためにブートフローピーを作成します。ノートパソコンなんでPAOでブートフロッピーを作成しました。ぼくの場合、インストール自体はマニュアルどおりに選択していったらなんの問題もなくインストールできました。




設定

 しかし、インストールした後がまた大変でした。マイナーな機種なんで設定がうまくいきません。


 X Windowはなんとか800X600で表示できました(ビデオカードがNeoMagicなのでめっちゃ苦労した。他の機種の設定ファイルをネットで入手してなんとか成功。今は設定ファイルをなくしたので600X400です)。しかし、何度やってもモデムを認識してくれず、いまだにインターネットには接続できていません。この点メジャーなパソコンだと、使用している人も多いので質問もできるし、ベテランの人の設定を参考にすることもできるのでちょっと楽かもしれません。カーネルの再構築も難しくて結局やってないです。